忍者ブログ
タイ古式マッサージは、世界で一番気持ち良いマッサージといわれています。そんな、タイ古式マッサージのサロンオーナーから日々の色々な出来事や感じた事などをつらつらと紹介しています。笑える話、悔しい話、楽しい話、悲しい話、元気が出る話、などなど・・。タイ古式マッサージ・ヒーリングスパ沙羅/名古屋は、名古屋市昭和区山手通りにあり、名古屋市営地下鉄八事駅から直ぐの癒し空間です。皆様の御来店を心よりお待ちしております。タイ古式マッサージ沙羅/名古屋オーナーより。
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは、名古屋のタイ式マッサージ沙羅です。

日曜日、朝のルーシーダットンから始まり・・・・・・・と前も、その前も書き出したように思います。1週間があっという間に過ぎていきます。
朝、起きて、顔を洗い新聞を読みながら熱いコーヒーをすすり仕事に出かける、これは、私の朝ですが、誰でもが、多分、それぞれの毎日を繰り返していると思います。そして、1日が終わり、1週間が終わり、1か月が終わり、一年が終わる。

何故か、そんな時に頭に浮かぶのは「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕わす」 平家物語の冒頭です。上記のような心境には当てはまらないかもしれませんが、しんみりと世を思う時に、この物語の冒頭が、思い出されるのです。

改めて、意味をネット検索してみました。

※釈迦が説法した所が、祇園精舎。
お釈迦様が、原始仏教以前の考え方を説いた所が、祇園精舎です。そんな所で、時刻を伝える鐘の音が聞こえてきて、なんだか悩むってことは無意味なことなのかなと感じる。そんな感覚にとらわれていますよね。そんな仏教徒の総本山でも釈迦を看取った沙羅双樹の木も咲いたり散ったりしているよ

※どんなに権力があり、強い者でも、何時かは滅びていくもので、世の中は儚いものである

※世に常なるもの、永続するものなどは皆無であり、一切は変化の中に、悩むってことも無意味なことなのか?


さてさて、話題を変えて、

沙羅の新メニュー「ハーバルヘッドスパ」
が、明日より始まります。平日限定ですので、万障繰り合わせてご来店を頂けたらと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タイ式マッサージ沙羅
世界で一番気持ちのいいと言われるタイ古式マッサージは、貴女を極上のリラクゼーションの世界へいざなう事でしょう。名古屋市昭和区八事のタイ式マッサージサロン沙羅で皆様をお待ちしております。
HN:
沙羅
性別:
女性
職業:
セラピスト
自己紹介:
私達は、もっと沢山の皆様にタイ古式マッサージを受けて頂きたいと思っています。
沙羅はそんな皆様を心よりお迎えいたします。
名古屋市昭和区山手通 5丁目22番地籠原ビル1F HP;www.salaa.com ℡;052-833-5598 Email;info@salaa.com
最古記事
カウンター
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]